HitCounterのテスト

いくつかのテストリクエストを実行してみる

いくつかのリクエストを実行して、HitCounterが機能するかどうかを確認しましょう。Webブラウザーを使用してそれを行うこともできます。

curl https://xxxxxxxxxx.execute-api.us-east-1.amazonaws.com/prod/
curl https://xxxxxxxxxx.execute-api.us-east-1.amazonaws.com/prod/
curl https://xxxxxxxxxx.execute-api.us-east-1.amazonaws.com/prod/hello
curl https://xxxxxxxxxx.execute-api.us-east-1.amazonaws.com/prod/hello/world
curl https://xxxxxxxxxx.execute-api.us-east-1.amazonaws.com/prod/hello/world

DynamoDBコンソールを開く

  1. DynamoDBコンソールに移動します。
  2. テーブルを作成したリージョンにいることを確認してください。
  3. ナビゲーションペインから Tables を選択し、 hello-cdk-1-HelloHitCounterHits で始まるテーブルを選択してください。
  4. テーブルを開き、「アイテム」を選択します。
  5. 各パスで取得したヒット数を確認します。

  6. 新しいパスを押して、アイテムビューを更新してください。hitsカウントが1の新しいアイテムが表示されます。

Good job!

HitCounter は大変便利だということがご理解いただけたと思います。基本的に、誰でもAPI Gatewayのプロキシバックエンドとして機能するLambda関数にアタッチでき、このAPIのカウントを記録できます。

HitCounterは単純なJavaScriptクラスであるため、npmモジュールをパッケージ化して、pipパッケージマネージャーであるPyPiに公開できます。その後、誰でもpip install でインストールでき、CDKアプリに追加できます。


次の章では、HitCounterテーブルの内容をブラウザから表示することを可能とする、pipに公開されたコンストラクトライブラリを 使用します。