HitCounter APIの定義

HitCounterコンストラクト用の新しいファイルの作成

hello フォルダ配下に次のような hitcounter.pyファイルを作成します

Create a new file under hello called hitcounter.py with the following content:

from aws_cdk import (
    aws_lambda as _lambda,
    core
)

class HitCounter(core.Construct):

    def __init__(self, scope: core.Construct, id: str, downstream: _lambda.IFunction, **kwargs):
        super().__init__(scope, id, **kwargs)

        # TODO

ファイルを保存します。

次に何を行うのか

  • HitCounterと呼ばれるコンストラクトクラスを新しく定義します。
  • 今までどおり、scope, id, kwargs のコンストラクター引数を設定し、基底クラスである cdk.Construct に伝搬させます。
  • HitCounterクラスは、lambda.IFunction型のdownstream という1つの明示的なパラメーターを取ります。ここで、前の章で作成したLambda関数をプラグインし、HitCountが使えるようにします。

次に、HitCounterのハンドラーコードを記述します。