Virtualenvのアクティブ化

Virtualenvのアクティブ化

先程の最後のステップで実行したinitスクリプトは、開始に役立つ一連のコードを作成しましたが、ディレクトリ内に仮想環境も作成しました。virtualenvを以前に使用したことがない場合は、ここで詳細を確認できます。最終的には、システムPythonを汚染せずにPythonを実行し、任意のパッケージをインストールするための自己完結型の分離環境が可能となります。

作成された仮想環境を利用するには、シェル内でそれをアクティブ化する必要があります。生成されたREADMEファイルに仮想環境に関する情報をすべて提供する重要なファイルであるため、あえてここで言及しています。LinuxまたはMacOSプラットフォームでvirtualenvをアクティブにするには次のコマンドを実行してください。

source .env/bin/activate

Windowsであれば次のコマンドを実行してください。

.env\Scripts\activate.bat

仮想環境がアクティブ化されたので、必要なPythonモジュールを安全にインストールできます。

pip install -r requirements.txt