サンプルコードの削除

スタックからサンプルコードを削除する

cdk init sample-app によって作成されたプロジェクトには、SQSキューとSNSトピックが含まれます。このプロジェクトではそれらを使用する予定はないので、 CdkWorkshopStack コンストラクタから削除しましょう。

lib/cdk-workshop-stack.ts を開き、削除します。最終的には次のようになります。

import cdk = require('@aws-cdk/core');

export class CdkWorkshopStack extends cdk.Stack {
  constructor(scope: cdk.App, id: string, props?: cdk.StackProps) {
    super(scope, id, props);

    // nothing here!
  }
}

cdk diff

 さて、スタックの内容を変更したので、実行するとどうなるかをツールキットで確認できます。 cdk deploy を実行してみましょう。 (CDKアプリと現在デプロイされているものの違いを確認できます)

cdk diff

出力は次のようになります。

IAM Statement Changes
┌───┬─────────────────────────────────┬────────┬─────────────────┬───────────────────────────┬──────────────────────────────────────────────────┐
│   │ Resource                        │ Effect │ Action          │ Principal                 │ Condition                                        │
├───┼─────────────────────────────────┼────────┼─────────────────┼───────────────────────────┼──────────────────────────────────────────────────┤
│ - │ ${CdkWorkshopQueue50D9D426.Arn} │ Allow  │ sqs:SendMessage │ Service:sns.amazonaws.com │ "ArnEquals": {                                   │
│   │                                 │        │                 │                           │   "aws:SourceArn": "${CdkWorkshopTopicD368A42F}" │
│   │                                 │        │                 │                           │ }                                                │
└───┴─────────────────────────────────┴────────┴─────────────────┴───────────────────────────┴──────────────────────────────────────────────────┘
(NOTE: There may be security-related changes not in this list. See http://bit.ly/cdk-2EhF7Np)

Resources
[-] AWS::SQS::Queue CdkWorkshopQueue50D9D426 destroy
[-] AWS::SQS::QueuePolicy CdkWorkshopQueuePolicyAF2494A5 destroy
[-] AWS::SNS::Topic CdkWorkshopTopicD368A42F destroy
[-] AWS::SNS::Subscription CdkWorkshopTopicCdkWorkshopQueueSubscription88D211C7 destroy

すべてのリソースは残酷なまでに削除されます。

cdk deploy

cdk deployを実行し、 終わるのを待つ必要はないため次のセクションに進みます。

cdk deploy

デプロイが完了すれば、削除されているリソースが確認できるはずです。