AWSアカウントとユーザー

ワークショップ用ののAWSアカウント

アプリをデプロイするには、AWSアカウントにアクセスする必要があります。すでにアカウントがあり、システムが管理者ユーザーの資格情報で構成されている場合は、次の手順に進むことができます。

個人アカウントまたは企業アカウントのいずれかの既存のアカウントを使用している場合は、このアカウントにリソースをプロビジョニングすることの意味とポリシーを必ず理解してください。

AWSアカウントを持っていない場合は、ここから無料のアカウントを作成できます。

Administrator User

  1. AWSアカウントにサインインする
  2. AWS IAMコンソールに移動し、 新しいユーザーを作成します。.
  3. ユーザーの名前を入力します(例: cdk-workshop) そして「プログラムによるアクセス」を選択します。

  4. 次のステップ:アクセス権限 をクリックして、次の手順に進みます。

  5. 既存のポリシーを直接アタッチ をクリックし、 AdministratorAccess を選択します。.

  6. 次のステップ: タグをクリックし、タグの追加は行わず次のステップ: 確認をクリックします。

  7. ユーザーの作成 をクリックします。

  8. 次の画面では、アクセスキーIDが表示され、表示をクリックしてシークレットアクセスキーを表示するオプションがあります。このブラウザウィンドウを開いたままにします。

クレデンシャル情報を設定する

ターミナルウィンドウを開いて、 aws configure コマンドを叩いて環境設定を行います。 アクセスキーID秘密鍵 を入力し、デフォルトのリージョン、例えば ap-northeast-1us-east-1eu-west-1を選択します。 できれば、既にリソースが展開されていないリージョンを使用してください。

aws configure

そして、コンソールから情報を入力します。

AWS Access Key ID [None]: <type key ID here>
AWS Secret Access Key [None]: <type access key>
Default region name [None]: <choose region (e.g. "us-east-1", "eu-west-1")>
Default output format [None]: <leave blank>