navigation

Welcome Developers!

AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) ワークショップへようこそ! AWS CDKは、AWSの新しいソフトウェア開発フレームワークであり、クラウドインフラストラクチャを楽しく簡単に定義できるようにする目的で 開発され、お気に入りのプログラミング言語を使用してAWS CloudFormation経由でデプロイできます。

AWS CDKは現在、JavaScript、TypeScript、Python、Java、および .Netに対応しています。ただし、現時点時点では ワークショップはTypeScriptとPythonのみ対応しております。 今後より多くの言語に合わせたワークショップを提供予定です。

このワークショップで、何を学べるのでしょうか?

はじめに、開発環境をセットアップし、CDK Toolkitを使用してアプリをAWS環境にデプロイする方法について学びます。

次に、Lambda関数を作成し、API Gatewayエンドポイントを使用して、ユーザーがHTTPリクエストを介して呼び出すことができるようにします。

また、 CDKコンストラクト の強力なコンセプトを紹介します。コンストラクトを使用すると、多くのインフラストラクチャを再利用可能なコンポーネントにまとめて、誰でもアプリに組み込むことができます。独自の構成を記述する手順も説明します。

最後に、スタック内のnpmライブラリの使用方法を紹介します。

このワークショップを終えると、次のことができるようになります。

  • 新しいCDKアプリケーションを作成すること。
  • AWS Construct Libraryを使用してアプリのインフラストラクチャを定義すること。
  • CDKアプリをAWSアカウントにデプロイすること。
  • 独自の再利用可能な構成を定義すること。
  • 他の人が公開した構成を使用すること。

参考